お題の説明:
精選版 日本国語大辞典「幼馴染」の解説 おさな‐なじみ をさな‥【幼馴染】 〘名〙 幼い時に親しみ馴れていたこと。また、その人。 ※虎明本狂言・鈍太郎(室町末‐近世初)「下京においたが、わたくしがおさななじみで御ざるほどに」 出典 精選版 日本国語大辞典 https://kotobank.jp/word/%E5%B9%BC%E9%A6%B4%E6%9F%93-2015977
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #42613
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #42615
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #42639
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        我が子と話したり時間を過ごす

      • #42640
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        学生時代の仲間と密に過ごす

      • #42641
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        理不尽さを共有する

      • #42642
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        学び仲間と共有する

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?