お題の説明:
デジタル大辞泉「変化」の解説 へん‐げ【変化】 [名](スル) 1 神仏などが本来の形を変えて種々の姿を現すこと。また、その現れたもの。権化ごんげ。 2 動物などが姿を変えて現れること。また、そのもの。化け物。「妖怪ようかい変化」 3 人がその姿・形を次々に変えること。「七変化」 へん‐か〔‐クワ〕【変化】 [名](スル) 1 ある状態や性質などが他の状態や性質に変わること。「時代の変化についていけない」「変化に富む生活」「気温が急激に変化する」 2 文法で、単語の語形が人称・数・格などに応じて変わること。「動詞の語尾が変化する」 [類語](1)変動・変転・変移・変遷・推移・転化・転変・変性・変質・変換・変ずる・化する・改まる・移る・移ろう・動く・変える・化ける・転化する・一変する・一転する・様変わりする・豹変ひょうへんする・急変する・激変する・変動する・移行する・流転する 「変化の語源は物々交換」 「変化」という言葉は英語で「Change」ですが、これはそもそもどういう言葉から来ているのか。 語源はラテン語の Cambire という言葉で、これは「物々交換」を意味するそうです。そしてこの言葉が派生していく中で英語としては Cambium という言葉が生まれこれは「植物組織の層」を意味することから、「新しい層へと変化していく」、ということで「Change」が「変化」として使われるようになったそうです。 参照 http://www.word-origins.com/definition/change.html
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #40964
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #40992
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        そのまま

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?