お題の説明:
デジタル大辞泉「華」の解説 か【華】[漢字項目] [常用漢字] [音]カ(クヮ)(漢) ケ(慣) ゲ(呉) [訓]はな 〈カ〉 1 はな。「華道」 2 はでで、はなやかなこと。「華燭かしょく・華美・華麗/栄華えいが・豪華・繁華・浮華」 3 輝き。光。栄え。「月華・光華・国華」 4 すぐれて美しいもの。「詞華・精華」 5 白い粉末。「鉛華」 6 中国の自称。「華僑・華語・華字/中華・日華」 7 (「華」の文字分析から)六十一歳。還暦。「華甲」 〈ケ・ゲ〉はな。「香華・散華・法華ほけ・ほっけ・蓮華れんげ・優曇華うどんげ・万華鏡・曼陀羅華まんだらげ」 出典 デジタル大辞泉 https://kotobank.jp/word/%E8%8F%AF-456266
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #40461
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #40463
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #40487
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        知識や技術を駆使して自己表現する

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?