お題の説明:
平凡(読み)へいぼん 精選版 日本国語大辞典「平凡」の解説 へい‐ぼん【平凡】 [1] 〘名〙 (形動) ありふれていて、特にすぐれた点のないこと。また、そのさま。なみなみ。凡庸。〔布令必用新撰字引(1869)〕 ※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「平凡なる資質の人にて為し得らるる事なり」 〔朱熹‐斎居感興詩序〕 出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典 デジタル大辞泉「平凡」の解説 へい‐ぼん【平凡】 [名・形動]これといったすぐれた特色もなく、ごくあたりまえなこと。また、そのさま。「平凡な作品」⇔非凡。 [派生]へいぼんさ[名] [類語]ありきたり・並・凡俗・俗・ありふれる・普通・一般・一般的・尋常・通常・平常・通例・標準・標準的・平均的・常つね・只ただ・当たり前・常並み・世間並み・十人並み・月並み・凡庸・日常茶飯・日常茶飯事・平平凡凡・常套・決まり・お定まり・平板・類型的・紋切り型・芸がない・ノーマル・レギュラー・スタンダード・世俗的・通俗・通俗的・大衆的・ポピュラー・俗っぽい・感傷的・涙もろい・センチメンタル・浪花節的 出典 小学館デジタル大辞泉について 
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #39127
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #39131
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        体や気が休まらない

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #39129
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #39144
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        その時自分の体と心が求める純粋な欲求のまま、思う存分にその価値を感じ満喫する

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?