お題の説明:
デジタル大辞泉「裏切り」の解説 うら‐ぎり【裏切り】 うらぎること。味方を捨てて敵方についたり、約束・信義・期待に背いたりすること。「裏切り者」「裏切り行為」 [類語]内応・内通・背信・背徳・背任・変心・寝返り・密告・おためごかし・気脈を通じる・讒言・讒訴・誣告・告げ口・垂れ込み・言い付ける 出典 デジタル大辞泉 https://kotobank.jp/word/%E8%A3%8F%E5%88%87%E3%82%8A-441778
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #36567
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #36571
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        束縛から逃れられない

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #36569
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #36591
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        話し合いをしてお互いの理解を得て、お互いにとってのより良い選択肢を選ぶ

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?