お題の説明:
マグロ(鮪、黒漫魚、金鎗魚、眞黒、)は、スズキ目・サバ科マグロ族マグロ属(学名:Thunnus)に分類される硬骨魚類の総称。暖海性で外洋性、回遊性の大型肉食魚で、日本を始めとする世界各地で重要な食用魚として漁獲されている。 呼称 学名 属名 Thunnus (仮名転写例:トゥンヌス)は「マグロ」を意味するラテン語[注 1]。 諸言語名 日本語の「マグロ」は目が大きく黒い魚であること(目黒 - まぐろ)に由来するという説がある。 他にも保存する事が困難とされた鮪は、常温に出しておくとすぐに黒くなってしまう為、まっくろ→まくろ→まぐろ。と言われるようになったと言う説も存在する[要出典]。 現代の日本語では、マグロ属の中の1種であるクロマグロ(学名:Thunnus orientalis)のみを指して「マグロ」と呼ぶ場合も少なくない。また、「カジキマグロ」(カジキの俗称)および「イソマグロ」(イソマグロ属)は和名に「マグロ」を含むが、学術上はマグロ(属)ではなく、生物学の成立以前から存在した通俗名(梶木鮪、磯鮪、など)を引き継いだものである。 英語名 Tuna は「マグロ」と日本語訳されがちであるが、実際は上位分類群のマグロ族 (Thunnini) 全般を指し、マグロだけでなくカツオ、ソウダガツオ(マルソウダ、ヒラソウダ)、スマなどを含む(詳細はツナを参照)。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #36531
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #36536
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        マグロのおさしみや漬け丼などが食べられなくなる

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

      • #36532
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこにあるお陰で、どんな良いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって役立つことをイメージしながら、気軽に投稿してみてください。

      • #36545
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        高速で泳ぎ続けられる(最高速度時速160km)

        • #36546
          真辺 詞緒梨
          参加者
          LV: 8

          口を開けながら泳ぎ続けることによって、エラを通過する水から酸素を取り入れて呼吸できる

      • #36548
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        全世界で7種類生息しているが、それぞれが独立した領域で回遊し、お互いに棲み分けることによって共存できている

      • #36549
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        食を楽しみながらタンパク源を確保できる

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #36533
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?