お題の説明:
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 子供(こども)とは、次のことを言う。 自分がもうけた子[1]。親がもうけた子[2]。親と一対になる子。親に対する子。 幼い者[1][2]。年齢のいかない者[2]。(児童、小児)小・中学生を含めることもある。 考え方によっては、胎児も出生前発育(英語版)をしている生命として子供に含める場合もある[3]。 また、親子や権威を持つ人物(英語版)との相対的関係を表したり、氏族・民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の時や場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある[4]。 思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり[2]、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある[5]。 なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり[6]、生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる[7]。 自分の子、親と対になる意味の子 「親子」も参照 「子供」という言葉は、自分がもうけた子も指している[1]。広辞苑第五版では「子供」の解説の第一にその意味を挙げている[1]。大辞泉も「むすこ」(男性の子供)や「むすめ」(女性の子供)を挙げている[2]。 また、書簡において、「子供」は謙譲語として用いられる[8]。相手方を示すためには、「御子様(おこさま)」などの尊敬語が使われる[8]。 法的・社会的な基準 2005年における国別の15歳以下の人口 国際連合の児童の権利に関する条約(1989年の第44回国際連合総会で採択、1990年発効)では、子供を「 18歳未満のすべての者、ただし子供に適用される法律の下でより早く成年に達する場合は、この限りでない 」と規定している[9]。この条約は、加盟194カ国中192カ国で批准されている(日本:1994年批准)。英語の用法では、胎児も子供の範疇に含める場合がある[3]。 しかし、本来「子供」とその発達段階は明確に区分できない漸進的なものであり、その概念は歴史的に構築され、また社会や文化の相違が反映される。法律で大人と子供を定める際には、個人の成熟度合いを考慮していては法的安定性が欠如するため一律の線引きを置く必要に迫られる[10]。そのため、各法律の目的に沿って様々な用語を使いながら「子供」に対する個別の定義を行っている[11]。 日本での定義・区分 日本の子供と家族(2003年) 「成年」も参照 日本では、1896年(明治29年)制定の日本の民法によって、20歳以上を成年と定めており(第4条)[12]、被選挙権(18歳以上[13])など一部の権利を除いて、飲酒(未成年者飲酒禁止法第1条)・喫煙(未成年者喫煙禁止法第1条)などを含む成人の権利が与えられる
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #36486
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #36490
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        やがて種が絶滅する

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #36488
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #36510
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        クローン人間を促成栽培し、無性の愛をベースにしたマニュアル通りに生きる

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?