お題の説明:
蝶(読み)ちょう 精選版 日本国語大辞典「蝶」の解説 ちょう テフ【蝶】 [1] 〘名〙 ① チョウ(鱗翅)目に属するガ類以外の昆虫の総称。体は一般に細長く、胸部にある二対の葉状のはねは美しい色彩の種が多く鱗粉(りんぷん)でおおわれる。頭部には、糸状で先端がふくれた一対の触角、および一対の複眼と単眼を具えるほか、ぜんまい状に巻いた口器があり花の蜜や樹液を吸うのに適する。昼間活動し、ふつう、はねを背上に立てて止まる。幼虫はイモムシ・アオムシ・ケムシと呼ばれ、脱皮して蛹(さなぎ)に変態し成虫となる。ガと異なり、繭をつくることはほとんどない。種類は多く、日本には国蝶のオオムラサキのほか、モンシロチョウ・キチョウ・ナミアゲハ・カラスアゲハなど、九科約二五〇種が知られる。普通、はねの色で区別できる。ちょう類。ちょうちょう
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #34376
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #34380
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        植物が受粉できない

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

      • #34377
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこにあるお陰で、どんな良いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって役立つことをイメージしながら、気軽に投稿してみてください。

      • #34385
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        変容の象徴として捉えられる

      • #34386
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        花の受粉のサポートをしてくれる

      • #34387
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        デザインのテーマとして扱える

      • #34388
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        荘子の仮想現実の例え話から何かを推察することができる

      • #34389
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        例えの事例、表現が変わる(バタフライエフェクト、蝶々結びなど)

      • #34390
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        気分が上がる

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #34378
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?