お題の説明:
レール 〘名〙 (rail) ① 鉄道車両の車輪を直接支え、進む方向を定め、また、車輪の回転を円滑にするための鋼鉄製の細長い条鉄。断面が「エ」の字型のものが普通だが、用途によって種々の型がある。軌条。 ※朝野新聞‐明治一六年(1883)一二月七日「根津を経て上野へ達する線路はレールの布設中なるが」 ② 物が円滑に動くように方向を定めて取りつける、金属などの棒状のもの。 ※風俗画報‐二八九号(1904)第三次旅順閉塞「氏は歩行自由ならざる為め、少時同船舷のレールに縋り、自然にボートに落ち」 ③ 比喩的に、物事を円滑に進行させるために事前に行なう準備。また、あらかじめ決められた進路。「レールに乗る」「交渉のレールが敷かれる」 (出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典)
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #32221
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #32223
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #32235
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 8

        AIに目的地までのルートを最適化してもらい、最適な運転をしてもらう

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?