お題の説明:
病原性や有害性を有する糸状菌、細菌などの微生物を殺し減少させる操作のことである。滅菌と異なるのは具体的な程度は定義されておらず、滅菌のような完全な効果は保証されていない。電磁波、温度、圧力、薬理作用などを用いて細菌などの組織を破壊するか、生存が不可能な環境を生成することで行われる。すべての種類の菌を殺さなくても、生物に悪影響を及ぼす細菌などの微生物が減少すれば殺菌とみなされる。主に病原体の除去(感染症の予防)、食品の鮮度保持などが目的で実行される。対象とする細菌などによっては効果が期待できない方法もある。人体や有益な生物への障害、高熱や腐食による装置の破損、食品の風味の変質などを引き起こすことがあるため、対象の細菌などの微生物に合わせて適切な方法を選択することが重要である。 (Wikipediaより)
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #20975
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #20979
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        ウィルスが体内に入り込み病気になる可能性がある

      • #20980
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        バイ菌により怪我が悪化する

      • #20981
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        食品の賞味期限が短くなる

      • #20982
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        手術の際、体内にバイ菌が侵入する可能性がある

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

      • #20976
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこにあるお陰で、どんな良いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって役立つことをイメージしながら、気軽に投稿してみてください。

      • #20986
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        安心して加工食品を食べることができる

      • #20987
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        病気になる可能性が下がる

      • #20988
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        安心して手術ができる(受けられる)

      • #20989
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        食中毒にならずに済む

      • #20990
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        食品の賞味期限を長くできる

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #20977
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #20993
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        お腹を壊すことによって耐性をつけられる

      • #20994
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        何度もお腹を壊すことによって警戒心を増大させ、五感や六感を発達させる

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?