お題の説明:
生まれつき備わっている反射に対して、後天的に獲得する反射をいう。条件反射は、ロシアの生理学者パブロフが大脳生理学の研究手段として開発したものである。イヌに食物を与えると唾液(だえき)の分泌がおこるが、このような反射は生まれつきのものであり、「無条件反射」とよばれる。一方、イヌに一定の音を聞かせながら食物を与えることを繰り返すと、音を聞かせただけで唾液が分泌されるようになる。本来、音と唾液の分泌とは無関係なものであるが、音を聞かせることによって唾液が分泌されるという新しい反射が形成されたわけであり、これを「条件反射」という。 (日本大百科全書より) 条件反射【じょうけんはんしゃ】 学習の基本過程の一つ。経験の結果,与えられた特定の刺激に対して常に起こる反応をいう。イヌに餌を与えると唾液(だえき)の分泌が起こるが,I.P.パブロフはイヌに餌を与える前にいつもメトロノームの音を聞かせると,やがてメトロノームの音だけでも唾液分泌が起こることを確かめた。つまり,本来は唾液分泌とは無関係な音刺激と分泌作用との間に新しい反射弓ができあがったわけで,この場合,餌を無条件刺激,メトロノームを条件刺激,餌に対する唾液分泌を無条件反射(反射),メトロノームに対するのを条件反射という。パブロフは条件反射の座は大脳皮質にあるとしたが,その後の研究で,大脳の運動野が関係することが明らかになっている (百科事典マイペディアより)
※答えに正解間違いは、一切ありません。
ご自分らしい感じ方で1つだけでも価値を発掘できたら、気楽に投稿してみてください(^^)
  • このフォーラムには0件のトピック、24件の返信があり、最後にソランにより2021年10月7日17:50に更新されました。
  • 1. もし、それが無かったとしたら、みんなが、どのように困るのか?

      • #20906
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこから無くなってしまうと、どんな悪いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって困ることをイメージして、気軽に投稿してみてください。

      • #20910
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        車が近くを通っても反射的に避けられなくなる

      • #20912
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        人と話しながら運転ができない

      • #20914
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        危険を回避できない

    2. 逆に、それがあるだけで、実はみんなにとって、どのように役立っているのか?

      • #20907
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        それがそこにあるお陰で、どんな良いことがあるのでしょう。ちょっとしたことでも大丈夫ですので、自分や周りにとって役立つことをイメージしながら、気軽に投稿してみてください。

      • #20916
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        危険を回避できる

      • #20917
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        環境への対応ができる

      • #20918
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        無駄なエネルギーを使わなくて済む

      • #20934
        ソラン
        キーマスター
        LV: 8

        大切な人を守れる

    3. では、それが無ければ、今まで与えてもらっていた価値を、みんなが自分で全部、どのように満たしていけば良いのか?

      • #20908
        サンクスギビング・ワーク
        キーマスター
        LV: 1

        もし、今まであったその存在が、パッと消えて存在しなくなったとしたら、2番目の問いで発掘された「役立っている価値」を、どのように満たしていけば良いのでしょう。想像力を豊かに働かせて、「前向きで建設的な答え」を発掘してみてください。

      • #20919
        真辺 詞緒梨
        参加者
        LV: 7

        起こることは必然と達観して生きる

      • #20933
        上田 愛子
        参加者
        LV: 2

        全く危険のない、満足した世界で生きる。AIなどに守ってもらう。

    4. 改めてイメージしてみると、それがそこに存在できているのは、その周りの誰が(あるいは、何が)支えてくれているお陰なのか?